UV アイテムに関するよくある間違いを知って、正しい紫外線対策!

UV アイテムのよくある間違いを知って、
紫外線ダメージに負けない!

シミ・シワ・たるみ。様々な肌老化を生み出す原因の8 割は太陽光だと言われています。いつまでも若々しく美しい肌のために紫外線対策はしっかりしたいもの。でも、UV アイテムの選び方・使い方を間違えて、肌悩みが毎年増えていませんか?


間違い①
「SPF 値が高い=肌に悪い」って本当?

紫外線には主に「UVA」と「UVB」があり、UVB は、シミの原因になると言われています。UV アイテムの【SPF 値】が高いほど、UVB に対する防御力が高くなり、シミ対策のためには【SPF 値】が高いものを選ぶと安心です。
しかし、その一方で「SPF 値が高いと、肌の負担になる。」という話を聞いたことはありませんか。一般的に「SPF 値が高い=肌に悪い」と言われる理由は主に2 つあります。
1 つ目はSPF 値の高いUV アイテムの多くは「紫外線吸収剤」を使っているから。「紫外線吸収剤」を使用すると白浮きせず、安価に紫外線カット力の高いUV アイテムが完成するため、多くの化粧品に配合されています。しかし肌に刺激を与えたり、乾燥の原因になる可能性があり、敏感肌・乾燥肌の方には肌の負担になりうる成分です。
2 つ目の理由は、SPF 値が高いほどレジャーに特化したUVアイテムが多く、汗水に強くするため「フッ素加工されたシリコーン」などを使っているから。(成分名にフルオロアルキルという単語を含むもの)「フッ素加工されたシリコーン」も汗水で落ちない、夕方になってもメイクが崩れないなど、UV アイテムに限らず様々なコスメに配合されていますが、洗浄するためには「強力な合成界面活性剤の入ったクレンジング」が必要になり、肌の負担になるため注意が必要です。
つまり、「SPF 値が高い」ことではなく、「紫外線吸収剤」や「フッ素加工されたシリコーン」が入ったUV アイテムを使うことが肌の負担になりうるということ。肌へのやさしさを考えるのであれば、成分に注目してUV アイテムを選び、しっかり夏の強い紫外線からお肌を守りましょう。

 

健康のために知っておきたい「紫外線吸収剤」

2016 年、ヨーロッパのNGO グループが作成している「環境ホルモンの疑いのある化学物質のリスト」に、紫外線吸収剤として使われているメトキシケイヒ酸エチルヘキシルがあがり、話題になりました。2011 年、ラットを使った実験で女性ホルモンや男性ホルモンなどのかく乱が確認されたそうです。メトキシケイヒ酸エチルヘキシルは日本では一般的なUV アイテムに多く用いられているため、妊活中や妊娠中・授乳中の女性、お子様用をお探しの方は特に注意する必要があるといえます。


間違い②
「高い SPF 値は不要?」 ~知っておきたい SPF の測定方法~

前項で、成分を選べば、SPF 値に関係なく肌への負担は少ないことが分かりました。しかし、他にも「日常生活を送るならSPF20~30 程度あれば充分」と聞いたことはありませんか?確かに理屈の上ではSPF20~30 程度あれば1 年を通してUVB 対策ができます。
ですが、ここでもう1 つ知っておかなくてはいけないことがあります。パッケージに記されたSPF値は、どれだけの量を塗った場合なのかと、いうことです。
化粧品のUV カット力は、「日本化粧品連合会」の「SPF 測定法基準」に従って測定験が行われます。その測定時、背中に1 人あたり10 ヶ所、5cm×7cm(35 ㎠)あたり70mg(0.07mL)日焼止めをまんべんなく塗布しUVB を照射して、SPF 値を算出します。(つまり、1 ㎠あたり2mg (0.02L) 塗布が必要)
そのため、記載されているUV カット効果を実感したい場合、顔へ塗らなくてはいけない量は約860mg※になります。(日本人の顔の平均面積およそ430 ㎠として算出)そして、規定の半分しか使わなかった場合、SPF 効果は半分以下になると言われています。ですが、多くの方が規定量の1/3 程度しか使っていないと言われています。これでは、パッケージに表記されているUV カット力が充分に発揮されません。
日々しっかりと紫外線対策をしたいのなら、SPF 値が低いけれど規定量を塗っても肌が重くならず、崩れにくいUV アイテムを選ぶか、SPF 値が高いものを規定量あるいは、その半分程度は塗るようにすることが大切です。


琉白のUV アイテムで汗ばむ季節の紫外線対策!

● SPF50+ PA++++ で、紫外線吸収剤不使用

肌の負担になりうる「紫外線吸収剤」や「シリコーン」を使用せず、天然由来成分100%でSPF50+ PA++++のライトウォータープルーフ処方で紫外線が強く、汗ばむ季節も頼もしい琉白のUVアイテム。
紫外線対策はもちろん、沖縄の抗酸化物質を豊富に含む植物「月桃」や「シークワーサー」を配合することで、紫外線を受けて発生する光老化の原因「活性酸素」からのダメージをサポートします。

 

よりナチュラルに仕上げるなら、ダブル使い!

①スキンケア後、手のひらに「月桃UVボディヴェール(クリアタイプ)」を100円硬貨大とり、顔全体にまんべんなく塗りこみます。
②もう一度、手のひらに「月桃UVボディヴェール(クリアタイプ)」を100円硬貨大とり、焼けやすい頬骨や頬の側面をメインに顔全体にトントンやさしく叩き込みます。
③今度は手のひらに「シークワーサーブライトニングUVヴェール」をパール大とり、色味をカバーし、明るくみせたい頬やツヤを与えたい頬骨に塗り重ねます。
④お手持ちのパウダーや肌あたりの良いティッシュでテカリの気になる部分をおさえてください。
⑤お手持ちのルースパウダー等で仕上げます。