花粉や紫外線で肌がゆらぎやすい、春が来た!

春は肌がゆらぎやすい季節

ぽかぽか日差しがあたたかい春。陽気とともに気分もウキウキしますね。しかし、花粉が多い季節であり、紫外線も強くなりはじめる時期です。この時期に気をつけたい肌トラブルと対策をご紹介します。


「 花粉 」で肌がかゆくなる?!

花粉のシーズン、いつも使っている化粧品なのに肌が急に荒れてしまった経験はありませんか?それは花粉が原因で皮膚に炎症が起こっているからかもしれません。
肌は、元々バリア機能があり、「皮脂膜」や「角質層」が花粉やホコリ・雑菌などの刺激物から守ってくれています。しかし、春は朝晩の寒暖差が激しく、自律神経の乱れから、血行不良が起こり、バリア機能が低下しています。肌のキメが乱れ、そこから花粉が侵入。炎症が起きて肌がかゆくなったり、痛みを感じてしまうのです。他にも、花粉症でマスクをしたり、何度も鼻をかんだりすることで摩擦が起き、肌のバリア機能がいっそう低下し、かゆみが生じる場合もあります。春は、ささいなものが肌の刺激になり、肌トラブルをひき起こす可能性があります。
予防として、外出時は肌を保護してくれるクリームやメイクアイテムを使うようにし、外出先から帰ったら服をはらい、すぐに入浴や洗顔をし、肌に触れる花粉を落とすことが大切です。また、低下している肌のバリア機能をキープするために化粧水での保湿やクリームでの保護を充分に行いましょう。さらに、皮膚などの免疫機能をサポートする「ビタミンA/B/C」を日頃の食事で取り入れることをおすすめします。しかし、すでにかゆみがひどく、湿疹がでたり、化粧品がヒリついてしまった場合は、自分で何とかしようとせず、まずは皮膚科医の力を借りることをおすすめします。


花粉や摩擦で肌トラブルが起きやすい春の肌におすすめ!

デリケートな春の肌におすすめの化粧水が『月桃バランスローション』です。

化粧水の命ともいえる「水」に沖縄の海洋深層水月桃のハーブ水などの上質な水を使用。さらに、海ぶどうなど、海藻を保湿成分として採用し、かすかにとろみのある肌あたりのやさしい化粧水に。キャリーオーバー成分を含め、アルコール不使用のため、敏感になりやすい季節でも、心地よくお使いいただけます。
また、上質なうるおいを肌に届けるだけでなく、昔から傷口に良いとされたハーブなどから抽出したエキスをブレンドし、コンディションがゆらいでいる肌を整えます


免疫機能をサポートするおすすめ食材

ビタミンA が豊富なニンジンと、東洋医学で「体の潤いを与える」とされ、免疫をサポートするムチンが豊富なレンコンで肌バリアを体の中からもサポート!「きんぴら」にしたり、「煮物」にすると美味しいですよね!


こぼれ話
オーガニックコスメは、どんな肌にも「やさしい」か?

オーガニックコスメは肌のバリア機能を壊す成分を配合していないという点で「安心」で「やさしい」化粧品です。しかし、薬剤や化学処理剤を行っていない植物の恵みをまるごと絞ったオイルや精油などを配合しており、有効成分が豊富な反面、肌のコンディションによっては「刺激」になってしまうことがあります。

肌荒れの状態がひどい場合は皮膚科医の推奨する低刺激・無刺激な基礎化粧品に一時的に切り替えることも手です。

オーガニックコスメは、肌のコンディションがある程度整った後、肌バリア機能をサポートして、花粉や摩擦による肌トラブルを防ぐために続けてみてください。