化粧品の「界面活性剤」の正しい知識

「界面活性剤」はなぜ化粧品に入っているの?

女性

「界面活性剤」は、簡単にいうと「水」と「油」のように、本来は混ざり合わない物を混ぜ合わせるために使うものです。

界面活性剤の働きをするものに「レシチン」「サポニン」「リン脂質」「ペプチド」など天然由来の界面活性剤もあり、化粧品でいうクリームなどを作る際に使われます。

例えとしてよく聞くのが「マヨネーズ」。マヨネーズは「酢(水分)」と「オイル(油)」を混ぜて作ります。本来、水と油で混ざり合わない2つの素材が『卵黄(レシチン)』を入れて混ぜることでクリーム状に混ざり合います。この『卵黄(レシチン)』は「界面活性剤」の役割をしていると言えます。

クリームタイプの化粧品を作る以外に「メイク落とし」や「化粧水」などにも界面活性剤が配合されています。

では、この「界面活性剤」。なにが肌にとって負担になるのでしょうか。

強力な「合成界面活性剤」の登場

A woman cleanses her face

クリームを作ったり、メイク汚れを落とすために配合されていた「界面活性剤」ですが、崩れにくく進化したコスメを「天然由来の界面活性剤」では充分に落とすことができず、高い洗浄力を求めて配合されるようになったのが「石油由来の界面活性剤」です。

「石油由来の界面活性剤」によって、メイク落ちは格段にアップしました。しかし、その洗浄力の高さが肌トラブルの原因になる恐れがあります。

「石油由来の界面活性剤」が肌に負担と言われる理由

美容イメージ

肌には外からの刺激から肌をまもり、異物の侵入を防ぐため、「皮脂膜」と「角質層」が【バリア機能】を果たしています。このバリア機能が破壊されると、肌が乾燥し、敏感になり、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。そんな大事な肌バリアを「ゆるめて、溶かし出してしまう」性質が強いため、「石油由来の界面活性剤」は肌によくないと言われています。

肌のバリア機能を壊し続けることで、慢性的な乾燥・敏感肌になるだけでなく、ガードが緩んだところから、化学物質(カラダにとっての異物)が吸収され、体内に取り込まれることにより、アレルギーを引き起こす可能性もあるといわれています。

進化した「天然由来の界面活性剤」の活躍

????

ウォータープルーフで崩れない鉄壁のメイクをした日には「石油由来の界面活性剤」の入ったクレンジングでしっかりメイクを落とし、その後は肌に負担の少ない化粧水やクリームを使ってスキンケアをすることがベストですが、毎日のメイクは肌にやさしいものを選びたいですよね。

肌に負担の少ない「天然由来の界面活性剤」も今や進化し、メイク落ちもよくなっています。例えば「月桃リセットクレンジングオイル」。オーガニックで100%植物由来のクレンジングオイルです。使っている界面活性剤は「トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル」「セスキオレイン酸ポリグリセリル-2」「カプリン酸ポリグリセリル-2」の3種ですが、その全てが「ヤシ・パーム油」由来です。しかし、日常のメイクはすっきり落ちるのに肌がつっぱらず、つるんとスベスベに!

(※クチコミはこちら

クレンジングオイル=「石油由来の界面活性剤」で肌に悪いというイメージが払拭されるメイク落としです。

Fotolia_47706422_S

スキンケアの基本は「洗浄」と「保湿」どのように「洗浄」するかで肌は変わってきます。クレンジングの品質を見直して、美しい肌を育んでください。