角栓をどうにかしたい! つるん肌を保つ秘訣

87

角栓とは過剰な皮脂やメイク汚れがまざりあった結果、毛穴につまった汚れのことを指します。
放置しておくと顔色がくすんで見えたり、黒っぽいぶつぶつになってしまったり、ニキビや吹き出物の原因となってしまう場合があります。

肌を傷つけずに角栓を取り除く方法や、汚れが毛穴につまりにくくするスキンケア方法をご紹介します。

角栓はなぜできる?

88

健康な肌は、ある一定の期間で新しい肌に生まれ変わります。
体の部位や年齢によって、肌のターンオーバー速度は異なります。
年齢とともに乾燥しやすくなるシミが気になるようになる角栓ができる、といった肌トラブルの原因の一つにもなりえます。

不健康な状態にある肌は、本来なら自然に排出されるはずの汚れがどんどん溜まっていってしまいます。
さらに、日常のメイク汚れ、過剰な皮脂の分泌などで毛穴がつまりやすくなってしまいます。

できてしまった角栓を取り除くには

89

できてしまった角栓を取り除く方法をご紹介します。

まずは、メイクを取り除いた素肌の状態で、汚れがつまっている毛穴を開くことから始めましょう。
そのためにも、湯船にしっかりと浸かり温まるようにします。

その後、毛穴の汚れが気になる部分にクレンジング剤やピーリング剤を使って汚れを取り除きます。
その際は強くこすらず、毛穴が開いて浮いてきた汚れを取り除くようにします。

汚れをとったら普段使っている化粧水で構わないので、たっぷり肌に水分を与えましょう。
充分な保湿を行わないと、肌はガサガサとなり無防備な状態となってしまいます。

このようなケアをしても毛穴がつまっているような気がするという場合、多くの汚れがたまっていると考えられます。
肌にダメージとなりすぎないためにも時間を空けながら、同じケアを繰り返すうちに汚れがだんだん取り除かれ、健康的な素肌へと導くことができるでしょう。

日常のケアで気をつけるべきことは

90

毛穴のつまりを解消し、健康的な素肌を取り

戻すためには、肌が本来持っているターンオーバーの機能を正常に戻すことが重要です。 毎日シャワーだけの生活をしている人は角栓ができやすくなる可能性が高まります。
できれば毎晩、湯船につかるようにしましょう。
忙しくて時間がとれないという場合は、蒸しタオルを利用しましょう。
電子レンジで水にぬらしたタオルを温めて、顔にのせることで毛穴を開くことができます。
蒸しタオルをのせ終えたら、できるだけ素早く洗顔をして保湿をしっかりと行いましょう。

「毛穴汚れが目立つような気がする」という人は、日ごろからできるだけ肌に優しいスキンケア用品やコスメを使用することをおすすめします。
クレンジング剤などに含まれている合成界面活性剤は肌にとって優しい成分ではありません。
必要な皮脂まで過剰に取り除く恐れがあるため、使用頻度によっては肌を傷めつけてしまいます。

角栓は日々できるものなので、完璧に取り除くことは難しいです。
しかし適度な頻度で行うことで、健康的な素肌を手に入れることができますよ。

肌に優しいピーリングを考えた場合、AHA酸が配合されている製品を選ぶこともオススメです。
AHA酸は自然に発生する酸を使用することで、他の酸よりもやさしい酸ということができます。
琉白ではAHA酸が配合されているスキンケア用品

シークワーサーブライトニングローション
月桃リセットクレンジングオイル

をご用意しておりますので、ピーリングでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。