「イライラ」「ムカムカ」ストレスが肌荒れに繋がるワケ!

103

日常のストレス、きちんと解消できていますか?

「ストレスがたまると口内炎ができる」
「仕事が忙しいとニキビがでる」
「イライラしていると湿疹がでる」

など毎日の生活の中で、このような経験をされた方は多いのではないでしょうか。

このようにストレスと肌は密接な関係があります。キレイな肌を守るためにも、日頃のストレスは上手に解消しましょう!

ストレスで肌が荒れるワケとは

ストレスによって肌が荒れてしまう理由には、私たちの自律神経が大きく関わっています。
自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、2つがバランス良く働くことで身体機能が保たれています。
しかし強いストレスを感じると交感神経ばかりが働いて、自律神経のバランスが崩れます。 そうなると心身が常に緊張した状態となり、身体機能が正常に働かなくなってしまうのです。

中でも特に大きな影響を受けるのが、ホルモンバランスです。
自律神経の乱れによって女性ホルモンの分泌量が減ると、男性ホルモンが優位になってバランスが崩れます。
すると皮脂が過剰に分泌され、ニキビ荒れが目立つ肌となってしまうのです。他にも緊張が続くことで不眠になり、肌の回復力の低下に繋がってしまいます。

また、ストレスによって発生する活性酸素も肌荒れに影響しています。活性酸素は細胞を酸化させ、老化を早めたり、肌の炎症を引き起こします。そのため、シミくすみたるみシワなどの肌トラブルに繋がってしまうのです。

ストレス解消がとっても大切

104

ストレスを解消させるには、感情の開放を心がけましょう。特におすすめなのが「泣くこと」と「笑うこと」です。
どちらも心身の緊張をほぐし、ストレスを発散させてくれます。たまには感動する映画を見て思いっきり泣いてみたり、お笑い番組を見てお腹の底から笑ってみましょう。

また、気の許せる友達とのおしゃべりや、適度な運動もストレス解消にオススメです。

ストレス肌を鎮める精油とは

105

「息」は「自」分の「心」と書きます。このように呼吸には、心模様が表れるのです。
現代は浅い呼吸の人が増えているといった報告もあります。呼吸が浅いと体の不調に繋がりやすくなるため、精油によるアロマテラピーで心身を深くリラックスさせ、呼吸を深めてみましょう。

好きな香りを嗅ぎながら呼吸を繰り返すことにより、緊張をほぐして自律神経の乱れを整えることも出来ます。
呼吸法は、細く吸って長く吐く腹式呼吸が最適です。
1日10分間ほど続けてみましょう。呼吸が深くなるだけで不調が消えるケースあるので、ぜひ一度試してみて下さいね。

自分の好みに合った精油を見つけて呼吸を深め、ストレス解消に繋げましょう!