アロマロ楽しむ前に知っておきたい【精油の正しい選び方】

106

アロマテラピーが、今ではすっかり生活の一部となっている方も多いでしょう。
しかし、アロマテラピーで使われている精油精油の特徴について、詳しく知られていないのも事実です。

アロマテラピーを効果的に行うためにも精油について学び、精油の正しい選び方を知っておくことが大切となります。

精油(エッセンシャルオイル)とは

107

精油はエッセンシャルオイルとも呼ばれ、アロマテラピーの基本となるものです。植物の花や葉、果物の皮や種子などの天然素材から抽出され、それぞれの有効成分を高濃度に含んでいます。それもそのはず、「精油(エッセンシャルオイル)」は100%天然のものであるがゆえに、こういった表記が可能となるのです。
また、抽出される原料によって香りも効能も違うため、精油によって使うべきシーンも異なります。

精油は分子量が小さいため、血液を介して全身に届かせることが可能です。そのため、体に影響を与えやすいというメリットがあります。 しかし一方で、精油の扱いを間違うと副作用をも引き起こす、というデメリットになることも知っておきましょう。

このような特徴があることから、心身に良い効果をもたらすためにも製造方法などを知ったうえで、精油のなかでも安全性の高い商品を選ぶことが重要です。

精油の製造方法

108

■水蒸気蒸留法
原料となる植物を蒸留釜へ入れて、直接蒸気を当てて芳香成分を蒸発させます。そしてその水蒸気を再び冷却し、液体に戻します。そうすると芳香成分が水と分離して浮き出し、精油となるのです。

なお、精油と分離した水には水溶性の芳香成分が溶け込んでいるため、芳香蒸留水として利用されます。ローズウォーターラベンダーウォーターが有名で、化粧品などに使われています。精油の多くは水蒸気蒸留法で抽出されます。
しかし抽出する方法なので、これらで壊れてしまう成分を含む原料には対応できません。

■圧縮法
圧縮法は、原料を圧縮して成分を抽出する方法です。
かつては直接手で絞って抽出していましたが、現在はローラーで圧搾し、機械で分液精製されています。水蒸気蒸留法とは違って熱や水を使用しないため、デリケートな成分を含む植物にも対応可能です。
主にオレンジやグレープフルーツ、マンダリンやレモンなどの柑橘系の果皮の精油に、この方法が用いられています。

他にも、よりデリケートな植物に用いられる溶剤抽出法、上質な精油を作り出せる超臨界抽出法などがあります。

精油の選び方

アロマテラピーに使用する精油は「香りさえ良ければOK!」だなんて思っていませんか?
それは大きな間違いで、販売されている商品の中には人工的に作られたエッセンシャルオイルも存在します。また、フレグランスオイルやポプリオイルという芳香だけが目的のものもあります。

それらを誤ってアロマテラピーに使用してしまうと、望んだ効果が得られないばかりか、心身に悪影響を与える恐れがあるのです。

精油は使用すると、分子が細かくなって体内に浸透していきます。ですから信頼度が高く、安心して使える精油100%のものを選びましょう。
中でもオーガニックと認証された原料を使っている精油がベストです。
製造方法も細かくチェックし、自然由来のものだと確認してから利用してくださいね。

アロマテラピーを楽しむためにも、オーガニックの精油か否かというところまで注意して選んでみて下さいね。