美容の鉄則!コラーゲンの生成を促してもちもち肌へ

食べ物や飲み物、飲食店のメニューなどでコラーゲンが含まれていることをアピールしているものは非常に多いですよね。

コラーゲンは、肌を若々しく保つために欠かせない成分です。
女性の美容に欠かせないコラーゲンは、どうしたら増やすことができるのでしょうか?

そもそもコラーゲンとは?

18

コラーゲンは、元々私たちの身体の中で生成されているものです。
主成分はタンパク質で、肌のハリを保つ働きを担っています。

皮膚は新陳代謝によってターンオーバーが繰り返されていて、コラーゲンも常に生まれ変わっています。

コラーゲンは皮膚だけでなく骨や血管にも存在していて、器官をしなやかにする機能ももっています。

ただし、年齢とともに新陳代謝は下がり、新しいコラーゲンが生成されにくくなってしまいます。
そうすると肌のハリが失われ、たるみや老化が進んでしまうというわけです。

現在では、さまざまなコラーゲン入りの化粧品が販売されています。
確かにこれらの製品を使うことで、「肌がうるおった」と感じる方も多いかもしれません。

しかし、年齢とともに減っていく肌本来のコラーゲンを補うことにはならないので、その点はきちんと理解しておきましょう。

コラーゲンの生成を促進する成分

19

年齢や生活習慣の乱れなどによって生成されにくくなってしまったコラーゲンを肌に取り戻すのはとても難しいこと。
だからこそ、コラーゲンの生成を促す成分も積極的に摂っていく必要があります。

コラーゲンの生成を促す成分として有名なのが、ビタミンC誘導体レチノール、イソフラボンなどです。

また、女性ホルモンはコラーゲンの生成を促すと言われています。
ホルモンバランスを整えるアロマ効果の他に、コラーゲンの生成を促すことが知られている沖縄の伝統ハーブ「月桃(ゲットウ)」のハーブティーやサプリもおすすめです。

ツボ押しでコラーゲンの生成を促進

20

コラーゲンが減少してしまう原因の1つに、血行不良による新陳代謝の低下があります。

血の巡りをよくするために、ツボ押しマッサージをこまめにしましょう。

頭のてっぺんや眉頭、目の横、鼻の下、あごのくぼみなどを、指の腹を使ってゆっくり押していきます。

軽く弾くようにリズミカルにたたいていく方法と組み合わせて行うのがおすすめです。

食事でもコラーゲンを補給

21

コラーゲンは、魚の皮や骨、肉、軟骨、内臓などにたくさん含まれています。

とんこつラーメンや軟骨のから揚げ、スペアリブ、煮魚などの他、煮込んでスープにすると食べやすくなりおすすめです。

また、コラーゲンを食事から摂取する時は、合わせてビタミンCを摂ることを忘れずに。
ビタミンCは体内でコラーゲンの合成がうまくいくようにサポートしてくれます。

美容は1日にしてならず、とはよく言ったもので、コラーゲンを増やそうとしてコラーゲン入りの食事やドリンクを飲んだだけでは美肌はキープできません。

どのようにコラーゲンが生成されているのかを知って、コラーゲンの生成を促してくれる成分とともに摂取していくことが重要だということを覚えておきましょう。