目元のクマは青or茶or黒?タイプ別のケア方法が必須!

06

「仕事が夜遅くまで長引く」「徹夜で勉強する」「パソコンやスマートフォンを長時間使う」
「睡眠不足」「疲労」「ストレス」「眼精疲労」 このような事が原因となりクマを生じさせます

女性や男性の多くがクマに悩んでいますが、クマのタイプによってケア方法は違います

ご自身がどのクマなのか、どのようなケア方法が良いのかご紹介します。

血行不良による「青グマ」には?

07目の下の皮膚は、とても薄く卵の薄皮ほどしかありません。
「寝不足」「疲れ」「ストレス」「冷え」「目の疲れ」「喫煙」などで血行不良となると、青グマが出来ます

血行不良から起こる青グマを改善する方法として、目を温めることをオススメします。

ただし温度が高すぎなど刺激が強すぎると、色素沈着やシワを生み出してしまう恐れがあるので優しく行うようにしましょう

電子レンジで温めたタオルをサランラップなどでくるみ、適度な温度に下がってから目の周辺を温めるように
しましょう

タオルをあてる前にアイクリームなどで保湿すると、スチーム効果でより浸透しやすくなり効果的です。

メラニンが色素沈着して起こる「茶グマ」には?

08

クマが茶色っぽくみえる茶グマは、シミとなる色素沈着が大きな原因です。
「目をこするクセがある」「湿疹ができやすい」「目の皮がむけやすい」「洗顔でゴシゴシと洗う」方は、
色素沈着を起こしやすいので注意が必要です。

まずは目をこするなどを控え、目の周辺に刺激を与えないようにしましょう
洗顔時は肌に負担とならないようたっぷりと泡立てて、やさしく洗い流しましょう。

ゴシゴシとこすらずとも古い角質を落とすことが出来ます。
古い角質が落ち肌のターンオーバーが正常になることで、肌のくすみが改善します

色素沈着がすでにおこってしまったという方は、美白対策を行うようにしましょう。
ビタミン類を豊富に含んだ化粧水や美容液などを使い、肌のトーン改善をしましょう。

オーガニックコスメで肌の力を高めることも、美白対策のポイントです
沖縄の太陽をたっぷりと浴び、国内でオーガニック農法により作られたシークワーサーが配合されている琉白シークワーサーブライトニングシリーズなら、肌のトーンだけでなく 青グマの原因となる乾燥を予防できます

「黒クマ」を引き起こす、たるみ改善!

09

「加齢による小ジワ」「目の周りの筋肉が衰えてたるむ」
「涙袋などによる影」これらが原因となり生じるのが黒クマ
です。
クマのなかでも、最も多くの人の悩みの種となっています。

 目に力を込めて5秒間閉じ、その後目を大きく見開き5秒間キープします
これを5セット繰り返すと、目の周りの筋肉のストレッチになります

また目元にハリを保つためにも、肌にハリを与えるオリーブ油やシア脂、ホホバ種子油などが配合されている 琉白月桃デイモイストクリームオススメ。

どのクマにも共通して大切な事は初期段階でのお手入れです。

早い時期からお手入れをすることでクマが定着することを防げます。
冬に多くなるクマを予防するために、ケア方法を見直してみて下さいね。