「タラソテラピー」で命を育む海の力を取り入れよう

116毎日の疲れやストレスをきちんとケアできていますか?
忙しくて肌も気持ちもヨレヨレだという方にオススメしたいのが、海の力によって疲れた肌と心を癒すタラソテラピー。
生命を抱き、育んできた母なる海のパワーで癒されましょう!

今回はタラソテラピーの魅力や自宅で簡単にできるタラソパックの行い方をご紹介します。

タラソテラピーとは?

117

タラソテラピーは、フランスで誕生した海の恵みを活かす海洋療法のことを指します。タラソテラピーの名前の由来は、ギリシア語の「thalassa(海)」とフランス語の「therapie(療法)」を組み合わせたものと言われています。

なぜ海水を使うのかというと、さまざまな命を育む海水の成分が羊水と似ているといわれているからです。とくに新鮮な海水には、私たちにとって必要なミネラル微量元素を多く含むと言われています。

タラソテラピーには、体温ほどに温めた海水に浮かび体をリラックスさせる方法や海藻のペーストを塗って肌をケアする方法、さらに海水の成分を用いたスキンケア用品によるケアなどがあります。

また石垣島のリゾートホテルANAインターコンチネンタル石垣リゾートで、潮の満ち引きに似たリズムで温かい水を浮き沈みしながら疲れやストレスを癒す【ウォーターダンス】というタラソテラピーを行っています。今年の夏の旅行に石垣島を考えている方は、ぜひこの機会に体験してみて下さいね!

<p><a href=”https://vimeo.com/103301377″>WaterDance at ANA Intercontinental Ishigaki Resort</a> from <a href=”https://vimeo.com/user17990029″>Kiyomi</a> on <a href=”https://vimeo.com”>Vimeo</a>.</p>

海のパワーを身近に「タラソパック」

118

タラソテラピーをなかなか受ける機会がない場合は、タラソパックがオススメです。タラソパックなら自宅で簡単に行うことができます。
タラソパックに使用される海藻には保水力の高さ、海泥には発汗作用によりダイエット効果などが期待できます。さっそくタラソパックの作り方をご紹介しましょう。

■材料(フェイスパック1回分)
・フレンチクレイ (フランス産クレイ)…7.5ml(大さじ1/2)
※グリーンは洗浄力が高く、イエローは乾燥疲労にオススメです。好みのものを使用しましょう。
・シーウィードパウダー(天然の海藻パウダー)…7.5ml(大さじ1/2)
・水…22.5ml(大さじ1と1/2)

■作り方
1、小皿にフレンチクレイとシーウィードパウダーを入れます。
2、塗りやすい固さになるように水を加えながら混ぜ合わせて完成です。

パックを行う際は目の周りをさけるようにし、10~15分待ち少し乾かせましょう。その後、ぬるま湯ですすぎます。

フレンチクレイやシーウィードパウダーはインターネットで買うことができますが、琉白に使われている【クチャ】のタラソパックもおすすめです。
沖縄にしか存在しない天然成分であるクチャにも、たくさんのミネラルが含まれているのです。クチャとは、沖縄の方言で泥のことを意味し、一般的なクレイと比べて粒子がとても細かいのが特徴と言えます。
昔から洗髪など美容面で広く使用されてきたクチャのパワー、琉白では月桃クリアソープに配合しているため、初めての方でもお手軽にお試しいただけます!

このように自宅で簡単に楽しめるタラソパックを週に1度からスキンケアに取り入れてみてはいかがでしょうか。
もちろんタラソパックを洗い流した後は、保湿を忘れずに行ってくださいね。