ダイエットにもイイ!?生姜が持つ5つの美容パワー!

「生姜が体にいい」というのは多くの人が知っていると思います。
しかし、体を温める以外にどんな作用や効果があるのかはなかなか知られていないのではないでしょうか。

体を温めてくれる生姜

43

生姜を食べるといいと言われている一番の理由が、「体を温めてくれる」ということだと思います。
生姜には、辛み成分であるジンゲロールという成分が含まれています。
このジンゲロールは、血管を拡張させて血の巡りをよくする働きがあるのだとか。

血行がよくなれば冷え性や肩こり、むくみといった多くの女性が悩んでいる体の不調が改善されるでしょう。

また、血液をサラサラにしてくれると、血栓の予防にもなります。
頑固な冷え性を改善したいなら、生の生姜より加熱した生姜の方が効果を期待することができます。

生姜を食べてダイエット!

体が温まることもダイエットの手助けとなりますが、最近の研究で生姜は脂肪や糖質の腸管吸収を阻止する効果があることが分かってきました。

食後に中性脂肪が上昇してしまうのを抑えたり、油っこいものや甘いものを食べたあとに脂肪になってしまうのを防ぐことができるのだそうです。

抗酸化作用でシミ・シワを予防!

44

生姜の辛み成分のジンゲロールや、ジンゲロールを加熱すると変化するショウガオールという成分には抗酸化作用があります。
抗酸化作用があるということは、肌のターンオーバーを促し、シミやシワを予防してくれるということ。
生姜はエイジングケアの心強い味方となってくれます。

また、生姜と同じショウガ科に属するのが、沖縄など亜熱帯地域に自生している和ハーブ月桃
琉白では、ショウガ科である月桃がもつパワーをスキンケア製品に生かしています。

胃の不調が原因の肌荒れを改善!

45

大人になるとストレスが増えたり、付き合いで暴飲暴食をしなければならない機会が増えたりしますね。
そんな生活が続くと胃腸の調子が悪くなって肌荒れしてしまうこともあるでしょう。

辛み成分のジンゲオールやショウガオール、香り成分のジンゲロンは、胃液の分泌を促して消化や吸収をよくする作用があります。
肌の調子が悪いときは、生姜紅茶などを飲むといいですね。
胃の働きを助けたいときは生の生姜がおすすめです。

気になる匂いを消す効果!

46

ショウガオールやジンゲロンといった生姜に含まれる成分は、殺菌効果もあります。
体臭が気になるなと思ったら、生姜たっぷりの鍋やガリを食べるといいでしょう。

他にもコレステロール低下や解毒、鎮痛などの効果もあります。
生姜は料理をするときに味付けのポイントになりますし、どんな食材とも相性がいいので重宝すると思います。

美容にも健康にもとてもいいので、日ごろからたくさん食べるといいですね。